1. HOME
  2. 窓用エアコン

窓用エアコンの防音対策をやってみた

我が家のマンションは賃貸なので、北側の部屋には室外機を置くスペースが無く、やむなく窓用エアコンを設置して梅雨や夏を過ごすのですが、窓用エアコンは騒音がひどくてとてもじゃないけど眠れません。そこで、防音対策を可能な限りやってみようと思いました。

ハイアールは騒音が凄くて買い換え!

記念すべき窓用エアコン初代はハイアール社製の物でした。お値段も2万円台と安かったので「窓用エアコンなんて大差ないだろ」と勝手に決めつけて購入しました。が、それが大間違い。まず最初に買って来て設置したら冷風が出ない!箱から出した新品なのに出ない!おかしいと思い、購入先の電器屋に電話したら交換してくれて、何とか作動開始。やれやれ

最初の頃は「あ~涼しい♪」という感じでしたが、1ヶ月もするとウォンウォンとモーター音が気になりはじめ、2ヶ月後にはキュラキュラとした何とも言えない不快な音がし出しました。それでも冷えるので何とか使ってましたが、エアコン停止時にガタン!と音がするせいで寝てる時には全く使えず、結局6畳部屋での使用は諦めました。やっぱ安かろう悪かろうですね。

コロナ製は高いだけあって素晴らしい

コロナ製のウィンドエアコンネットでコロナ製は静かだという評判を聞き、別の部屋用としてコロナのCW-A1615-WSというウィンドウエアコンを購入してみました。設置して作動させて、明らかに静かです!体感だと1/5くらい違います。あ~最初からこっち買っておけば良かったと後悔。

「これなら眠れるかな?」と思い試してみたところ、エアコン停止時のガタン音は軽減されてましたが、ウォンウォンという音は消えません。(ハイアール製に比べれば雲泥の差ですけど)眠れなくはないですが、近くに寝てるとやっぱり気になります。

そこで昼間に、耳を澄ませ、あちこち触れてみながら音の原因を探ってみると、どうやら窓枠全体から音が響いているような気がします。そこで、エアコンを固定している外枠と、窓枠の接点を確認。すると、お互いステンレス同士なので、ここが微妙に音を共鳴しているような気がしました。

早速ホームセンターに行って、防振ゴムを探します。防振ゴムは薄い物から分厚いものまでいろいろありましたが、枠と枠の隙間に挟みたかったので、薄手の物を2枚購入しました。これをエアコン用外枠の下に2枚並べて配置。あとは通常通りエアコンを設置して試してみたところ、これだけでだいぶ静かになりました。1枚180円ぐらいですからこれはなかなかナイスですね。

窓枠に防振ゴムを置いたところ

防振パッド防振ゴムって何?
通常の天然ゴムに比べて反発率が1/10という特殊なゴムです。小さな物はデスクトップのミニスピーカーの下に敷いたり、大きな物はエアコン室外機の足の下や、ピアノの足下などに付けたりしてます。ホームセンターなどに行くと普通に売ってますので簡単に手に入れることができますよ。

防音マットを撒いてみたら静かになるのか実験

サウンドガードW防振マットのおかげで多少は静かになったものの、あまり「静寂さ」は感じないので、ホームセンターで売っていた「Sound Guard W」なる防音マットを買ってエアコンの回りに巻いてみました。

これで静かになったらきれいに囲って固定してしまおう!と思いましたが・・・ま~若干音は静かになりましたけど、コンプレッサーのウオンウオン音はマットの切れ間から聞こえてくるのであまり意味は無かったかな?ぶっちゃけこのマットで自分の頭をおおってしまった方が凄い防音になるような気がしました。

窓用エアコンを防音マットで囲う

防音マットは厚みがあるのでカッターで切ると曲がってしまうんですよ。プロの技が必要だな。こういう窓用エアコンごとにパカッとかぶせる防音カバー作ったら売れそうですよね。吸入部分と吹き出し部分はどうしたって囲えませんからこれが限界です。結構高価だったので今年の夏はこれでしのぎます。

実際の騒音レベルはどれくらいに軽減できたのか?

我が家は線路に近いので窓の外は電車が通れば軽く80dBは越えます。窓を閉めると50dBくらいまで軽減しますが、窓用エアコンは窓を半分開けて使用するので電車が通過するとそれなりにうるさいです。隙間を防音クッションでふさぐと60dBくらいまでは軽減できました。

問題は窓用エアコンを稼働させた時の騒音です。四畳半という狭い部屋にエアコンを設置し、カバー無しで計測したら80dBもありました!これではとても寝られません。そこで前述の防音マットで囲ってみたところ、67dBくらいまでは抑えることができます。それでも眠れるほどではありません。

事前に「どれくらい静かなら眠れるか?」と調べたところ、30dBだと風の音しか聞こえない静かな寝室という感じで、寝ていられる限界は45dBくらいまででした。50dB越えるとさすがにうるさい。よほど疲れていない限り眠れません。67dBなんてとんでもないです。

なんとかもっと静かにできないかと思い、あれこれ試したところ、エアコン近くの壁や、天井などにも防音マットを貼ると多少軽減しました。でも狭い部屋では反響してしまい、あまり騒音が軽減できません。

結局、最も効果的だったのは耳栓でした(笑)。耳栓をしてしまうと目覚ましが聞こえないのですが、スマートフォンなどに目覚ましをセットして、耳栓したまま眠るとこの問題は解決。「耳栓したまま寝たんじゃ眠れないな~」と思いましたが、暑くて全然眠れないよりは数十倍マシです。

窓用エアコンの騒音対策、結論!

窓用エアコンは狭い部屋で使うものじゃないです。騒音は軽減しません!目覚まし付きの耳栓を付けて寝ましょう!早く秋になれ~